特別展 「岡田三郎助 エレガンス・オブ・ニッポン」

佐賀県立美術館へ友人と 特別展 「岡田三郎助 エレガンス・オブ・ニッポン」を見に行きました。

開催概要の趣旨には

岡田三郎助(1869~1939)は佐賀県に生まれ、明治から大正、昭和の初めにかけて洋画壇の重鎮として帝国美術院会員、帝室技芸員となり、昭和12(1937)年に第1回文化勲章を受章するなど、日本近代洋画史に大きな足跡を残しました。

 佐賀県立美術館は、昭和58(1983)年の開館以来、岡田三郎助の作品を収集し、その画業と人物を顕彰してきました。本展はその集大成ともいうべきもので、岡田の全画業を人物画、風景画の代表作によって回顧するものです。

 岡田の柔らかく繊細、優美な色調は、フランスの師ラファエル・コランを受け継いだものであり、彼はそれを日本的な美感とも結びつけながら、次第に独自の画風を作り上げていきました。殊に典雅さと品格をたたえた数々の女性像は、岡田芸術の代名詞となり、「美人画の岡田」と称えられました。

 中でも今回、岡田の美の到達点としての《あやめの衣》(ポーラ美術館蔵)、《婦人半身像》(東京国立近代美術館蔵)、そして先頃約70年ぶりに発見され話題を呼んだ《裸婦》(佐賀県立美術館蔵)は、
昭和15(1940)年の遺作展以来初めて揃って展示するものです。

 「優美」「優麗」「典雅」等で形容される、繊細な筆致により描かれた気品に満ちた岡田作品は、現代に生きる私たちの心を必ずや魅了することでしょう。是非とも、その至高の美の世界を御堪能ください。

と書いてあります。

私は絵画には余り興味は無いのですが
肌色など綺麗な色を描く人だと感心しました。
興味がわいたのは、昭和9年頃よりs.okadaのサインが漢字に変わって居た事です、矢張り時代的にローマ字の使用をひかえたのだろうか?と思っています。
              
            約70年ぶりに発見され話題を呼んだ
               《裸婦》(佐賀県立美術館蔵)1935(昭和10)年
c0335769_19281237.jpg




                《婦人半身像》(東京国立近代美術館蔵) 1936(昭和11)年            
c0335769_20231753.jpg

                《水浴の前》(石橋財団石橋美術館蔵)1916(大正5)年 
c0335769_1946150.jpg

                《編物》(黒川古文化研究所蔵)1939(昭和14)年
                       岡田三郎助最後の作品
c0335769_1952175.jpg

                《あやめの衣》(ポーラ美術館蔵)1927(昭和2)年
c0335769_19274361.jpg

             岡田の美を支えた、もうひとつの主役―描かれた着物
c0335769_2065830.jpg

              八橋(やつはし)に杜若模様小袖(かきつばたもようこそで)
              江戸時代後期
              松坂屋コレクション 一般財団法人 J.フロントリテイリング史料館 蔵
          《あやめの衣》制作に使用された着物。
 岡田は画家としてのみならず、工芸品のコレクターとしても有名であった。古今東西の
着物や裂(きれ)を中心に、膨大な数の蒐集品を持ち、アトリエにはそうした逸品が無造
作に置かれていたという。岡田は生前、蒐集した工芸品の一部を松坂屋に納めており、そ
れらは現在も大切に保存されている。
 本作は、《あやめの衣》のモデルが纏い描かれた着物である。(知事室記者会見の資料配布より)

by yotarouu3 | 2014-10-31 10:28 | 文化・芸術 | Comments(4)  

Commented by ロヒス屋 at 2014-11-02 00:50 x
色白美人画の巨匠・岡田三郎助ですか!
近所に住む歴史マニアの男が段ボール一杯の古文書を見せに来たことがあり。江戸期の文書や絵に混ざって、素人が見ても完成度の高い美人画ポスターが入っていました。
ポスターの端に岡田三郎助の名が印刷されていて、驚きましたが、大正13年に朝日新聞が作ったポスターらしく「紀元節の朝」という作品でした。
Commented by yotarouu3 at 2014-11-02 11:19
☆ヒロス屋さん
>大正13年に朝日新聞が作ったポスターらしく「紀元節の朝」という作品でした。

まだ持って居られるでしょうか?
いろいろな(三越デパート等)ポスターも書いたらしいのです。拝見したいものです。

Commented by ロヒス屋 at 2014-11-03 10:33 x
紀元節の朝」との題名の作品はポスターかカレンダーとして朝日新聞が多く印刷したらしく、いまだに多く現存しているようです。知り合いの所有者に聞いてみます。
Commented by yotarouu3 at 2014-11-03 20:05
☆ヒロス屋さん
若しお持ちでしたら拝見したいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 二日続けて佐賀へ 秋によせて >>